当たり前のことしか書いてないブログ

第二次ベビーブームの量産型不良品です。人生100年時代、あと半分。あせらず、くさらず、あきらめず。ゆる~く生きてます。自称折れない心日本代表。

糖質制限ならすき家がぶっちぎりの優勝!

ダイエットを本格的に再開してみたけど、最近は嫁さんのパートが忙しいのでなかなか外食になることが多くなってきている。

そこで外食でも工夫して糖質制限をしてみようというお話です。在宅で仕事してんなら嫁さんに頼らず自分で飯作ればいいだろ!ってツッコミが聞こえてきそうですが…

今日は糖質制限ならすき家がぶっちぎりの優勝って話です。参考になれば嬉しいです。

 

 

すき家と丸亀製麺の二択の理由

最近の我が家での外食は丸亀製麺とすき家の二択しかない。さらに糖質制限中なので、ぶっちぎりの優勝はすき家です。以下にその理由を並べてみました。

①早い

まず、どちらも家から近い。車で5分で行けること。そしてファストフード店だけに回転が早い。サクッと言って、サクッと食って、とっとと帰ってくることができる。また、全国展開だけに、遠出をした時どこへ行っても必ずあるのも助かる。

②安い

最近コロナ禍のせいか、いろんなところで値上げしているようで、某弁当チェーンもコロナ前はちょこちょこお世話になっていたが、最近は割高に感じるので行かなくなった。

予算とすると4人で昼でも夜でも3,000円以内が理想なので、いけるところはかなり限られてくる。んー、でも一人750円って相当ケチってるよなぁ...

コスパだけで考えるなら、丸亀のかけうどんランチがおすすめ。かけうどん+サイドメニュー2品で500円。家族4人で2,000円。こんなありがたい話はない。ちなみにサイドメニュー3品目からは追加になるが、安い単価のものをカウントしてくれるのもありがたい。

さらに、テイクアウトで自宅へ持ち帰り白飯をプラスすれば、天丼&うどんの糖質祭りのはじまりです。これなら育ち盛りの息子たちも大満足です。

③旨い

味に関して言えばどこの店でも白い魔法の粉で味付けしてあるから、日本中でまずい店なんか今どき存在しないでしょう。

④すき家がぶっちぎりな理由

丸亀製麺は①~③の条件を満たすが、さすがにメインがうどんなので糖質制限には不向き。丸亀の公式サイトには糖質量の表示は見られなかったが、うどんの糖質は普通に考えれば70~100gはあると考えられる。

すき家でおすすめの糖質制限メニュー

すき家がぶっちぎりで優勝なのは、糖質制限メニューを組み合わせることができるため。最近ハマっているのがコレ。

 

f:id:gray-to:20210217224828j:plain

 

牛皿肉2倍盛り+温玉+サバ+豚汁という最強の組み合わせ。

 

f:id:gray-to:20210217213932j:plain

f:id:gray-to:20210217213920j:plain

f:id:gray-to:20210217213923j:plain

f:id:gray-to:20210217213928j:plain

糖質制限するのに外食だとかなり無理がある。そんな中でいろいろ考えたところ、すき家のこの組み合わせが最高。あ、豚汁は余分だけど。

低糖質かつコスパもOK

糖質で考えると、牛皿2倍盛り490円18.6g、おんたま80円0.2g、さば230円3.4g、豚汁190円14.0g、合計で990円36.2g。豚汁を除けば800円22.2g、味とボリューム、見た目と食べ応えをクリアするこんな素晴らしい糖質制限メニューがほかにあるだろうか?

糖質制限にコメは絶対にNG

やはり糖質制限だけに、コメは食わないに限る。昔からコメばっか食ってきたから肥満街道まっしぐらだった。気が付けば小学校の時点で三桁になっていた。当時は糖質制限なんて誰も知らなかったから仕方ないが。

まとめ

ボクの糖質制限のやり方は、昼飯が12:00~15:00で、夕飯がそれから8時間以内にしている。昼は糖質を普通に摂ったり、焼き芋で済ませたりもしている。夕飯はなるべく主食は抜いて、1日の糖質の総量を100g以下に抑えるようにしてます。

糖質が100g/日だと、かなり緩い糖質制限かもしれないが、これくらい緩い方が気楽にできるため長続きするのだ。継続は力なり、だからね。

ということで困ったらすき家です。ぜひお試し下さい。