当たり前のことしか書いてないブログ

第二次ベビーブームの量産型不良品です。人生100年時代、あと半分。あせらず、くさらず、あきらめず。ゆる~く生きてます。自称折れない心日本代表。

成功だけが幸せとは限らない

昨日のネット記事より。GACKT直伝、結果を出す人の思考法。まぁ、分かっちゃいるんだけどね。結果が出るまで続けるってことは。ただ、それが普通の人にはそれができない。心が折れるから。結果が出ずに遮二無二突っ走るなんて、ある意味かなりの変態でなければできない芸当だと思う。みんな心が折れて挫折する。途中でどんどんあきらめて脱落していく。だから最後までやり続けた人が成功ってことになる。

 

でも、成功してる人が全て幸せかというと、必ずしもそんなことはない。今までそれなりにいろんな人に関わらせてもらってきたけど、成功を手にした人で不摂生が祟り、体を壊した人、仕事に没頭するあまり家庭が崩壊してしまった人、一時的に隆盛を誇ったが、取り巻きにうまくそそのかされて最後は破産した人、亡くなった後に残された遺族で相続のトラブルになったケースなどいろいろ嫌な部分を見てきた。

 

成功するということは、その土台はなんらかの犠牲で成立っているってことになるんだろうな。って、事業で大失敗したボクが偉そうなこと言える立場ではないが。

 

幸いにも、それほど贅沢はできないけど、家族4人が明るく元気で笑顔の絶えない生活が送れている。今はそれが一番の幸せかな。バイトも月8日だったのを今月からは6日に減らした。これで様子見て、次は4日に減らし、何とか今年中にはバイトを抜けられるようにしたい。とはいっても、それにはまずブログで月10万くらいの収入があるのが前提だけど。

 

周りでは第一線で頑張ってる連中にたまに会うと必ず、もう一回復活しろって言われる。まだまだやれるはずだって。確かに、そういう連中を見てると刺激を受ける。でも、誰かを出し抜いてまで勝ちたいとは思わない。そういうと、すっかり負け犬になっちまったな、なんて蔑まれたりもする。まあいいさ、言いたい奴には言わしておけばいい。

 

そんな時に思い出す、相田みつをさんの言葉。「しあわせはいつも自分のこころがきめる」そう、自分が幸せだと思えば、周りが何を言おうが関係ない。周りが決めるものではないから。

 

ちなみに、先月のブログの収益は4桁に届きませんでした。ただ、僅かだけど徐々に上向きになってる気がする。何がって言われると返答に困るけど… そんなわけで、また明日からブログ頑張っていきます。

 

 

f:id:gray-to:20210202223526j:plain