くまおやじのブログ

第二次ベビーブームの量産型不良品、グンマー都民です。人生100年時代、あと半分。あせらず、くさらず、あきらめず。ゆる~くいきましょう。

人生初のゴールド免許

免許を取って29年目にして初めてのゴールド免許。
コロナの関係で更新がストップしてて、延長期限が切れる寸前で気づいて慌てて更新に行ってきた。交通安全のビデオを見て、係の人から道交法の改正やらの説明を受け終了。約30分で人生初のゴールド免許を手に入れた。

ちなみに今までゴールド免許が取れなかったのは、定期的に速度違反と一時不停止、シートベルトで運悪く?検挙され続けてきたから。この5年は都内に通勤するようになって走行距離が少なくなったのと、高速を自家用車で走る機会がほとんどないからだと思う。毎週末バイトで都内へ4tトラックで納品に行ってるけど、トラックだとスピードが出せないから速度違反で検挙されることはまずないやね。

そういえば最近、バイト先の夜間便で事故が頻発してるらしい。そのせいで安全ミーティングや危険予知訓練やらをやたらとやらされてる。

事故の原因は

  • 駐車場から左折で出て、ハンドル切り過ぎて左側を標識に引っ掛けた
  • 携帯いじりながらの前方不注意で追突
  • 居眠り運転で追突

どれもこれも考えなくても分かるような原因ばかり。ズバリ、絶対に事故らない究極の方法は『運転しないこと。』これに尽きる。でもドライバーである以上、それは無理だ。 じゃあどうするかっていうと

  1. 速度を守る
  2. 車間距離を保つ
  3. 急発進、急ハンドル、急ブレーキなど急の付く動作をしない
  4. 眠くなったらすぐに仮眠
  5. 煽られたらやり過ごす
  6. イライラしない
  7. 運転に集中する

と、結局は教習所で習った基本動作の徹底をしていくだけ。当たり前のことを当たり前にやるだけ。本当にそれしかない。それでも、荷を積んでトラックに乗ってるとき、特に危ないのが2車線、3車線の国道や高速なんかで隣の車線から急に割り込まれる時。

さらに割り込んだ上に急ブレーキをとかはかなり焦る。トラックの場合は乗用車と違い、そんな急には止まれないから、車間距離を多めにとって走ってるけど、ウインカーもロクに出さずにガンガン割り込んでくるしね。

いつ事故があってもおかしくない状況だから、毎日車庫に帰ってくると「ああ、今日も事故らずに無事帰ってこれた」ってホッとする。ここ最近そう思えるようになったら、より安全運転になってるような気がする。年取ったせいなのかな?


事故の瞬間

偶然目の前で起こった事故です。赤信号を見切り発車する車と黄色から赤に変わる瞬間にスピード上げた車。運悪くドンピシャのタイミングで激突してました。

気を付けよう、注意一秒ケガ一生。

はい、くまおやじからは以上です。